都構想 ねんきん 維新 都立大 カジノ 日経平均 コロナ 雇用大阪都立大学が無償化で大阪都民がカッコいい統合メリットで「道頓堀学園タコヤキ芋551大学大阪」な歩き方 新世界の芋となる! ねんきん サイコな世界の歩き方 年金 坂本龍馬 年金定期便 メイド 芋 サイコパス サイコ ベーシックインカム 選挙
カテゴリー サイコな世界の日常♥️

第0話 祇園精舎は平家物語で盛者必衰の歩き方

平家物語 卷第壹 祇園精舎(冒頭)Wikibooks より

祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ

漢字が読めません。

ぎおんしょうじゃのかねのこえ、しょぎょうむじょうのひびきあり。しゃらそうじゅのはなのいろ、じょうしゃひっすいのことわりをあらわす。おごれるひともひさしからず、ただはるのよのゆめのごとし。たけきものもついにはほろびぬ、ひとえにかぜのまえのちりにおなじ。

意味が全然分かりません。

祇園精舍の鐘の音には、諸行無常すなわちこの世のすべての現象は絶えず変化していくものだという響きがある。娑羅双樹の花の色は、どんなに勢いが盛んな者も必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。世に栄え得意になっている者も、その栄えはずっとは続かず、春の夜の夢のようである。勢い盛んではげしい者も、結局は滅び去り、まるで風に吹き飛ばされる塵と同じようである。

深い…

盛者必衰の理ダヨ~♥️